東京藝術大学 音楽環境創造科

森 威功

音楽音響創造特殊研究(7)ライブエレクトロニクス演習

ニューヨーク大学大学院教育学部ミュージック・テクノロジーコース修士課程修了。
Fixed Media, live-electronics, Visual Music等、様々なタイプの電子音響音楽を作曲し作品は国内外で演奏されている。近年は所属学会が主催するコンサート「Sonic Arts Project シリーズ」や「台湾ソニック・アーツ・フェスティバル2015」のプロデュース、そして東アジア地域における大学間交流コンサート、講習会の開催など海外での教育活動にも力を入れている。2016年より国際コンピュータ音楽連盟(ICMA)アジア・オセアニア地区のディレクター(理事)に就任。現在、洗足学園音楽大学音楽音響デザインコース専任講師、玉川大学芸術学部非常勤講師、日本電子音楽協会理事、アジアコンピュータ音楽プロジェクト、先端芸術音楽創作学会運営委員。