杉本 岳大

音楽音響創造特殊研究:高臨場感音響設計
高臨場感音響設計概論

2001年東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。同年NHK入局。放送技術研究所にて、音響トランスデューサ、音声符号化方式、3次元音響システムの研究開発に従事。MPEG、ARIBにて、22.2マルチチャンネル音響放送に係る標準化活動を推進。第45回市村学術賞貢献賞、第16・21・24回日本音響学会技術開発賞、第28回関東地方発明表彰発明奨励賞、2015年度映像情報メディア未来賞フロンティア賞、第35回放送文化基金賞、各賞受賞。明治大学大学院理工学研究科兼任講師。日本音響学会、AES、映像情報メディア学会各会員。博士(工学)(東京工業大学)。