西岡 龍彦

教授/作曲

さまざまな芸術や文化の価値観が共存する現代においても、社会や時代に対して本当にクオリティーの高い仕事をするには確かな技術が必要です。人類が永い歴史の中で培ってきた音や音楽の資産を、それらが成立した文化的背景と共に研究し、音楽・音響表現の技術を修得することで個性的な新しい作品を創作する。それが音楽環境創造科のスタジオです。

本学作曲科卒業、大学院音楽研究科作曲専攻修了。
第49回日本音楽コンクール作曲部門(管弦楽)第2位、第11回ブールジュ国際電子音楽コンクール入選、1988年 ISCM-ACL 国際現代音楽祭入選。
音楽環境創造科立ち上げに関わり2002年の創設より就任。
コンサート作品以外にも、コンピュータミュージック、イベント、映像、演劇の音楽を制作。