カリキュラム

音楽音響創造実習

西岡龍彦/亀川徹/丸井淳史

修士論文の指導をおこなう。

音楽音響創造演習

西岡龍彦/亀川徹/丸井淳史

音楽音響創造特殊研究:創作技法

西岡龍彦

音楽と映像の関係について分析・研究を行い、作品として、美術学部デザイン科と共同制作する。

音楽音響創造特殊研究:録音技法研究

亀川徹

マイクロホンを用いた収音技術やマルチチャンネルステレオ方式による録音再生方法など,録音技術に関するテーマについて研究する。

音楽音響創造特殊研究:楽器学

香取良彦

ジャズの手法を中心に、編曲(作曲、即興演奏を含む)の技術を習得、実習する。

音楽音響創造特殊研究:サウンドデザイン

沢口真生

映画やテレビなどにおいて音楽・効果音・ダイアログなどの音が果たす役割を様々な作品例をとおして学び、実際の作品制作を想定したサウンドデザインの実習をおこなう。

音楽音響創造特殊研究:音響設計学

濱崎公男

音楽芸術を創造、演奏、鑑賞、記録するために、知見として必要な音響および聴覚の基礎知識を幅広く学ぶ。

音楽音響創造特殊研究:ライブエレクトロニクス演習

森威功

P.ブーレーズの「レポン Repons」などに代表されるコンピュータベースのライブ・エレクトロニクス作品の歴史研究と演奏システムの分析をおこなう。

音楽音響創造特殊研究:音響心理研究法

丸井淳史

音響心理実験における、実験素材の作り方、実験計画、実施、分析などを学習・研究する。

音楽音響創造特殊研究:空間音響研究

中原雅考

コンサートホールから練習室まで、音楽が演奏される空間における音響について理解し、実際の空間の音響設計の手法を研究する。

音楽音響創造特殊研究:音楽情報論演習

坂崎紀

音楽音響創造総合演習

西岡龍彦/亀川徹/丸井淳史

音楽音響に関連する研究テーマについての実践をおこなう。

一部の学部開設科目も履修が可能です。