東京藝術大学 大学院 音楽音響創造

要旨

久保暖
動的システムに基づくルールベースの音楽

本論文は、五線紙に記入された情報ではなく演奏上のルールによって音楽が進行する作品と、コンピュータープログラムによって音楽の進行を制御する作品の相違点について論じたものである。

第1章では、20世紀中葉に書かれたルールによって進行する音楽の作品例に触れ、その特徴を明確化し、作曲家ごとに用いられた手法を分類した。第2章では、コンピューターの音楽への参入の経緯とそれによって生まれた形態を概説し、本論文のテーマに含まれる演奏を制御する「システム」について解説を行った。第3章では、ルールによって進行する音楽にコンピューターが参入する作品の例を取り上げ、コンピューターの参入によってもたらされたそれ以前の作品との相違点について考察した。第4章では、第3章までに挙げられた技法の特性を整理し、自身の作品制作によるアプローチを行い、コンピューターの制御を伴うルールによって進行する音楽作品の発展の可能性と課題について論じた。これによって得られた結論は以下の通りである。

ルールによって進行する楽曲では、ゲーム理論のような論理演算を人間が処理する「過程」が音楽となってあらわれる。このような演算処理をモデル化し、コンピューターに応用することで、より複雑な相互作用を引き起こすことができる。また、コンピューターを媒介として音楽以外の分野の概念を音楽に適用することが可能になる。これは、音楽の制作技法や音楽自体の捉え方に新たなパラダイムをもたらす糸口になったと考えられる。


DAN Kubo
Rule-Oriented Music Based on Dynamic Systems

This thesis discusses the difference between work in which music progresses not by information
written on a score but by certain rules within performance, and work which controls the progress of the music via a computer program.

In Chapter 1, I will discuss examples of music works written during the 20th century that progress according to rule-based systems, clarify their characteristics, and categorize the compositional methods used by each composer. In Chapter 2, I will outline the process by which computer music was first introduced, as well as various forms that were born by it, and explain “systems” which control performance, a topic that this thesis is primarily concerned with. In Chapter 3, I will discuss an example of a work that uses a computer to progress the music via a set of rules, and examine differences from previous work that adopt computers. In Chapter 4, I will organize the characteristics of the various techniques listed in Chapter 3, utilizing an approach based on my own works, and discuss the possibilities and challenges of the development of musical works that adopt rules involving computer control, The conclusions obtained by this investigation are as follows.

In music that progresses according to rules, “processes” wherein humans process certain logic operations, such as game theory, appear as music. By modelling this kind of arithmetic processing and applying it to a computer, more complicated interaction can be implemented. In addition, it becomes possible to apply the concept of fields outside of music to music, via computer mediation. This can be considered as a hint as to how to bring new paradigms to music production techniques, and how to perceive music itself.