東京藝術大学 大学院 音楽音響創造

要旨

堀口明日香
ブライアン・イーノの「アンビエント・ミュージック」

20世紀を代表する音楽家ブライアン・イーノ ( Brian Eno, 1948- )は、「アンビエン ト・ミュージック Ambient music 」(1978年)という概念を提唱した。

この定義は、日常的な環境の一部として、音楽であることを意識させない、自然な感 取体験を促す環境音に近い音楽とされ、エリック・サティ(Erik Satie, 1866-1925 ) の 《家具の音楽》が起源とされる。また、空間的広がりを意識した静的な音楽としてとら えられている。

当初イーノのアンビエント・ミュージックはジョン・ケージ(John Cage,1912-1992 )の 偶然性を取り入れた「実験音楽」や、スティーヴ・ライヒ ( Steve Reich, 1936- )の「ミニマル・ミュージック minimal music 」から影響を受けたものだった。しかし一般的な 「環境音楽」は、時代を経るにつれ「サウンド・アート sound art 」 「サウンド・スケープ sound scape 」「パブリック・アート public art 」 「サウンド・インスタレーション sound installation 」「BGM」など、多義的になっていった。

その後イーノは、《ジェネレーティブ・ミュージックI Generative Music I 》(1996 年)を作成するにあたって、「生成音楽 Generative Music 」という言葉を使用するよう になり、今までの自作品の「アンビエント・ミュージック」も含めて「生成音楽」であ るという風に定義づけた。

本論文では、まずイーノに影響を与えた作曲家の概念や作曲法を通し、イーノの「ア ンビエント・ミュージック」に至るまでの経緯を分析する。

次にイーノの作品の制作方法や聴取の仕方を調べることにより、それらが空間に対し てどのようなアプローチを取っているかについて考察する。


HORIGUCHI Asuka
Brian Eno’s Ambient music

In 1978, 20th century musician Brian Eno (1948-) proposed the term “Ambient Music”. This is a term that is inspired by Eric Satie’s (1866-1925) musique d’ameublement (Furniture music) and is a type of music that enhances everyday environmental sound and which does not force a listener’s attention but gives a natural listening experience. It can also be thought of as a type of quiet music, perceived as open space.

Eno’s early work was influenced by the element of chance in John Cage’s experimental music, and Steve Reich’s (1936 -) minimal music. However, as time has progressed, ambient music has come to have many meanings and includes such things as sound art, sound scape, public art, sound in
stallation, BGM and others. In 1996, when Eno’s Generative Music I was created, the term “gener ative music” came into use, and his earlier Ambient Music also came to be defined as such.

In this thesis, first through investigating the composers who influenced Eno’s concepts and compo sitional methods, an analysis is undertaken as to how Eno arrived at his Ambient Music. Following that, through examining the way Eno creates works and listens, the approach that Eno takes regard ing space in his work is considered.