東京藝術大学 大学院 音楽音響創造

要旨

川端啓太
旋律型の分類による印象評定を用いた作曲の一手法

近年における音楽認知研究の活発化の中で、細分化される音に注目するあまり、根 源的な「音楽らしさ」が欠如する例が指摘されるようになった。今日における音楽音 響分野などの技術的な研究の発展にも伴い、音楽認知研究に対する音楽家の意見、芸 術表現の重要性を見直す機会が一層重要となっている。

そこで本研究では、音楽家の立場から音楽認知と作曲に対する研究を行うことを前提とし、主観性と客観性の両方を兼ね備えた作曲の一手法を提案する。以下にその具一体的な流れを示す。

まず、研究対象を人間が音楽を聴くうえで最も認知されやすい旋律に絞り、メロデ ィーやリズムによる旋律型の分類に従って九つの旋律を作成する。次に、音楽的性格 を表すための印象語として「楽しげな」「穏やかな」「情熱的な」「厳かな」「気ま ぐれな」「覚えやすい」の六つを選択し、作成した旋律に対してそれぞれの印象語が どれほど当てはまるかを調査する印象評定実験を実施した。なお、印象評定実験への 適応を考慮し、作成する旋律は音色をピアノ・ソロ、ハーモニーを中庸な調性による 最小限の進行、テンポをBPM=100に統一した。この実験の結果を分析することによ り、それぞれの旋律が聴き手にどのような印象を与える傾向があるか、またそれはど のような音楽的要素の影響によるものかを体系的に調査した。最後に、実験によって 得られた結果を作曲に応用する可能性について検討し、舞台・映像音楽など聴き手に 一定の印象を与えたい場合や、音楽的要素をあらかじめ決めたうえでその旋律がどの ような印象を与える傾向があるかを知りたい場合などに役立つ可能性があることが 明らかになった。


KAWABATA Keita
A method for music composition by the use of impression evaluation according to classification of phrase type

On the development of music cognition research, it has been claimed thatthe musical essence were lost because it subdivides sounds too much. With the development of technological researches such as the field of Music Acoustics, the opinions of music cognition research from a musician’s point of view and the opportunities to review the importance of artistic expression have become more important.

This thesis suggests a method of music composition that comes from both objectivity and subjectivity views, supposing the research about music cognition and composition from a musician’s standpoint. A concrete flow is as follows:

First, the target is only limited to a phrase(a melody outline). According to classification of phrase type on melody and rhythm, nine phrases were composed. Then, in order to express musical characters, six adjectives – joyful, calm, passionate, solemn, capricious, and easy-to-memorize – were chosen and an impression evaluation experiment was performed for examining how much each adjective fits for a composed phrase. Balancing applicability and scientific validity of the experiment, all phrases were performed in piano solo with a programmed synthesizer, with the minimum chord progression of mean chords(non-major/non-minor) and with the tempo of BPM 100. Through an analysis of the experiment, it was systematically investigated that the tendency of impressions each phrase gives on listeners and what musical elements cause these effects. Finally, the possibility to apply the results of the experiment to music composition is examined. It is suggested that the method will be useful in the case of giving listeners the similar impression for the use of stage/screen music, or the situation that a composer wants to know the tendency of phrase
impressions.