東京藝術大学 大学院 音楽音響創造

要旨

駒井一輝
ルチアーノ・ベリオの初期管弦楽作品における分析的研究

イタリア人作曲家ルチアーノ・ベリオLucianoBerio(1925ー2003)は、ジョルジュ・リゲティやピエール・ブーレーズ、そしてカールハインツ・シュトックハウゼンらとともに、第二次世界大戦後の現代音楽界を牽引してきた人物である。彼は新古典主義から12音音楽、総音列技法、電子音響音楽、空間音楽、偶然性の音楽といった前衛の王道とも言えるスタイルを駆け抜け、やがて引用・注釈技法を織り交ぜて彼独自の音楽を作り上げた。
 
本論文では、彼の半生と1950年代前半のセリー技法を使用した作品に注目し、その分析を通して彼の音楽的思考を明らかにすることを目的としている。分析の対象となった作品は、《CinqueVariazioni》(1952-53),《ChamberMusic》(1953),そして《Nones》(1953.54)の3作品である。

分析の結果、3作品に共通する特徴が浮かび上がった。1つ目は“三度音程”の扱い方の変化、2つ目は“電子音響音楽”の影響、そして3つめは“規定”と“非規定”の間の弁証法によるコンセプトである。結果的に、彼の作品の思想的背景と作曲技法、そして伝記的影響は非常に密接に関連しているという事実と同時に、彼の作品における”アウラAura”は、理論的枠組みへの“焦点化”とその逸脱による“非焦点化”によって成立していたことが明らかになった。


Kazuki KOMAI
Analytical Studies in the Early Stages of Luciano Berio’s Orchestral Works

Luciano Berio (1925 – 2003, Italy) was a composer who led the post-war music movement alongside Ligeti György, Pierre Boulez, and Karlheinz Stockhausen. He mastered avant-garde and standard styles such as neoclassicism, twelve-tone music, total serialism, electroacoustic music, space music, and aleatory music and finally came to create his own original music using musical quotations and a commentary technique.

In this thesis I will clarify Berio’s musical thinking across the early stages of his life and career. I will also analyze his compositions that use ‘series’ in the early 1950s. These will include; (Cinque Variazioni) (1952-53), Chamber Music) (1953), and (Nones) (1953 – 54). Following this analysis I will argue that these works have the following three features in common. The first, is a change in his use of the “third interval.” The second, is the influence of “electroacoustic music” on his works. The last, is his application of the concept of an “dialectic between orderly and disorderly.” Finally, I will suggest that the “Aura” in his compositions was developed through a focus on a theoretical framework and a lack of focus though a departure from this framework. Also, that it was developed as a consequence of the interwoven nature of his ideological and biographical background, and his composition technique.