東京藝術大学 大学院 音楽音響創造

要旨

木本圭祐
ポスト電子楽器としての電動楽器

楽器は、各時代や各国の音楽に求められる形、音楽に付随する技術進歩、音楽が消費される場の形態等の様々な背景に応じた変化を経て、改良を重ねる事により製作されてきた。本論文では、20世紀以降に新しく開発された楽器の中でも、電気で動く楽器「電動楽器」が、「新しい楽器」と呼ばれる楽器の影響を受け、新しい楽器が抱える問題に対し解決の指標を示している楽器「ポスト電子楽器」であることを示すことを目的としている。

まず、電動楽器について論じる前準備として、新しい楽器の歴史を概観し、新しい楽器の出現がどの様に楽器、そして音楽に影響を与えたか論じた。1906年にタデュース・カヒル(ThaddeusCahill)によって考案された、テルハーモニウムの出現により、新しい楽器と呼ばれる楽器が多数出現していく事となるが、それらの新しい楽器は、演奏インターフェイスと音源が分離しているという、伝統的なアコースティック楽器と比較すると、大きく異なる要素を持っていた。演奏インターフェイスと音源の分離によって楽器は様々な演奏方法や発音方法を取り入れる事が可能になり、多くの新しい楽器が製作され、新たな表現が誕生した。しかし、演奏インターフェイスと音源の分離によって生じた変化は利点を生んだだけでなく、多くの問題を孕んでいた。既存の伝統的な楽器では、演奏インターフェイスと発音源が直接的ないしは間接的に触れ合う事で発音を行っており、演奏行為と出力される音の関係性は容易に把握しうるものであった。しかし、新しい楽器では演奏インターフェイスと発音源の関係が、既存の伝統的な楽器と比べ複雑化してしまっており、結果として、演奏行為と出力される音の関係性が複雑化し、既存の伝統的な楽器と同じ視点で鑑賞する事ができなくなっている。これが新しい楽器が抱える大きな問題であり、本論文ではこの問題に焦点を当て、電動楽器との比較を行った。

次に、新しい楽器が抱える演奏行為と出力される音の複雑化という問題に対し解答を提示していると思われる電動楽器の事例として明和電機《Tsukubaシリーズ》、安野太郎《ゾンビ音楽》、木本圭祐《Drome》らを取り上げ、構造的に電動楽器と似通っている自動演奏楽器と電動楽器の差異について論じた。

最後に、本論文で扱った電動楽器の事例が、それぞれどの様に新しい楽器が抱える問題と関係しているかを論じた。結論としては、電動楽器は、音楽や楽器や音楽とは関係のない分野から、広く知れ渡った事象を参照し楽器に取り入れる事で、構造として複雑化してしまった演奏行為と出力される音の関係性を明確に提示し、新しい楽器が抱える問題に対し解答と成りうる楽器であった。そして様々な事象を参照し楽器に取り入れる過程で、新しい楽器や音楽に対し新たな視点を与える楽器でもあった。

つまり電動楽器とは、新しい楽器を経て、そして様々な要素を取り入れる事で成立している、「ポスト電子楽器」であり、楽器のみでなく音楽に対しても新たな価値観を提示する楽器であると結論付け、論をまとめた。


Keisuke Kimoto
Electric Instruments as Post Electronic Instruments

Instruments have been produced by being improved through the request of music in various periods in history and in various countries, in the process of musical technological evolution, through various changes in the way how music is consumed and so on. This thesis primarily intends to show that in the history of newly produced instruments after the 20th century, “electric instruments” powered by electricity are “post electronic instruments” which are affected by instruments called “new instruments” and give an indication to solve the problem
facing the new instruments.

First of all, as a stage prior to the discussion about the electric instruments I start with an overview of the history of the new instruments and discuss how the advent of the new instruments affected the instruments and music. Telharmonium, which was invented by Thaddeus Cahill in 1906, topped the list of the new instruments. Compared with the traditional acoustic instruments, those new instruments are totally different in the point that the interface and the sound generator are separated. This separation enabled instruments to introduce various ways of performance and sound generation, which promoted the production of many new instruments and new musical expression. The separation, however, brought not only advantage but also many problems. The traditional instruments generate sound by the way of the interface contacting the sound generator directly or indirectly. So the relation between the performance and the sound generated by them are easily recognized. On the other hand, in the new instruments the relation between the interface and the sound generator are complicated and you can’t appreciate them in the same perspective as the traditional instruments. This is one of the biggest problems facing the new instruments. So I focus on this problem and compare them with the electric instruments.

Next, I cite 《Tsukuba series》 by MeiwaDenki, 《Zombie music)》by Taro Yasuno, and 《Drome》by Keisuke Kimoto as examples which seem to show some solutions to the problem of the complexity between the performance and the sound generation facing the new instruments, and then discuss the difference between the automatic playing instruments and the electric instruments which are similar in structure.

Last of all, I discuss how those examples relate to the problem facing the new instruments separately. I conclude that electric instruments get to the answer to the problem in the way of showing the complex relation between performance and sound generation clearly. It is possible because they introduce various far-famed elements from the fields of music, instruments or the fields unrelated to music into themselves. In this process they also give a new perspective to the new instruments and music.

In conclusion, the electric instruments are the “post electronic instruments” which come into existence by introducing various elements into themselves under the influence of the new instruments and they produce new values not only to the instruments but also to music.