東京藝術大学 大学院 音楽音響創造

要旨

ロング、ジェイソン・ヘンリー
自動演奏楽器の開発とアンサンブルの可能性 

音楽ロボティクスという分野は、現代音楽とポピュラー音楽の双方のコンテキストで人気と認知度を集めている。残念な事に、文献の多くは、非常に高度な技術プロジェクトに焦点を当ている。その為、音楽ロボティクスの世界に足を踏み入れたいと願う、個人で活動している音楽家、作曲家、や教師にとっては、幾つもの大きな障壁が存在する。この論文では、筆者はロボット楽器のアンサンプルの為の方法論を作り上げる為に、まず、過去と現在のロボット楽器に関する様々な試みについて考察する。次いで、より入手しやすい装置、広く共有されているオープンソースハードウェア/ソフトウェアの資源を利用することによって、ロボット楽器アンサンブルを作り上げる方法について、論じる。 

 また、音楽ロボットの設計及び作成を説明することと、回路図及びファームウェアのソースコードを提示することによって、大量の資金がなても、一般的に大学、メーカースペース(レーザーカッターや 3D プリンターの利用施設)等で、利用出来る機材を用いて、ロボット音楽アンサンブルを構築することが十分に可能であることを示した。なお、本論文は、音楽的なロボットの大きな可能性に興味を持っているが、技術的な経験や専門的なリソースを持っていない人の為の出発点として役立てることも、目的としている。コンピューター音楽は、少数の特別な研究室から始まったが、現在では個人の芸術家が実践し、世界中の大学で教えらる状況にまで進展した。これとまったく同じように、音楽的なロボティクスは今や転換点に達しており、広く普及する段階に来ていることを本論文は示している。 

LONG, Jason Henry 
The Development of an Ensemble of Automatic Musical Instruments and their possibilities 

Musical robotics is a field that has been gaining popularity and recognition in both contemporary music and popular music contexts. Unfortunately, much of the literature focuses on very sophisticated engineering projects, so for many independent musicians, composers or teachers interested in pursuing it, there are significant barriers to entry. In this thesis, I draw information from the past and present of these kinds of projects to create a methodology for creating an ensemble of robotic musical instruments. I achieve this by making use of more accessible equipment, and resources from the open source hardware and software community. 

By describing the design and construction of the musical robots, and providing the schematics and firmware source code, I show that it absolutely is possible to build a robotic music ensemble without a large amount of funding and with equipment commonly found in universities, maker-spaces and elsewhere. It is hoped that this thesis can be used as a starting point for those who are interested in the huge possibilities of musical robotics, but may not have an engineering background or specialist resources. Computer music has made its way from a select few laboratories to being practiced by independent artists and taught at universities all around the world. This thesis shows that musical robotics is now reaching a tipping point and is ready to spread in a similar way.