東京藝術大学 大学院 音楽音響創造

要旨

松岡美弥子
ショスタコーヴィチの映画音楽 一《ハムレット》を事例として一

20世紀のソヴィエトを代表する作曲家ショスタコーヴィチは、映画音楽の作曲家としても大きな業績を残している。だが、ショスタコーヴィチの映画音楽が研究対象として着目されることは少なく、特に日本ではほとんど研究が進んでいない。

本論文は、彼の映画音楽に対する考え方やその姿勢を明らかにすべく、ショスタコーヴィチの映画音楽作曲家という側面についてまとめた。ショスタコーヴィチは映画音楽について、音楽が積極的に演出に関わるべきだと考えていた。そこで、彼の音楽が、実際にどのような作曲法によって演出に関わっていたのかを解明すべく、彼による映画音楽の代表的作品《ハムレット》の分析を行った。

その結果、彼の映画音楽は、映像の動きや登場人物の心情変化に密接に合わせられたライトモチーフの繊細な操作と変奏、そして巧みなオーケストレーションによる音色の変化によって、登場人物の内的な部分を表現しており、この繊細な音楽の作り込み方によって 映像と音楽が一体となった総合芸術的表現を可能にいることが明らかになった。


MATSUOKA Miyako
The Film Music of Schostakovich: An Analysis through “Hamlet”

Schostakovich is recognised as one of the greal composers of the 20th century. He is also known as a composer of film music. However, Schostakovich’s film music has received little altention from scholars. In Japan there has been very little extensive research carried out on his film music.

This thesis examines Schostakovich’s thinking on film music. Schostakovich believed that silm music should be positively related lo the production of the movie. How was the music compose? Ilow did it relale lo the production process? To answer these questions, I have analyzed the music of the silm “Hamlet”.

Through my research I have examined how Schostakovich synchronized his film music with the movement of the images and the character’s changing feelings. The leilmotif is transformed to express the various emotions of different characters. This is achieved by altering the colour of the sounds through various orchestrations.

Schostakovich composed his film music with a careful calculation to effectively unite the music with the moving images. This thus contribuled to an overal successful artistic production.