東京藝術大学 大学院 音楽音響創造

要旨

西井夕紀子
児童を対象とする音楽を用いたパフォーマンスの可能性

本論は、公立小学校におけるパフォーマンス実践を出発点として、子どもと パフォーマンスの理想の出会いを探るものである。

学校における、教師、生徒の遂行性を視野にいれながら、「教育関係論」を概 観し、そこに相対的な価値を付加できるようなパフォーマンスづくりを、「遊び」 「スケッチ」「インプロヴィゼーション」といったキーワードを用いて論じる。


NISHII Yukiko
A Potential of Performance Using Music for Children

This study tries to find out the worthy performance for children in the school. It was started from my performance activities in public schools.

“What is the encounter of children and art?” is discussed by some point of views, for example, relationship, play, sketch, and improvisation that can add more worth to school life of children and teacher.