東京藝術大学 大学院 音楽音響創造

要旨

音楽演奏は、演奏者の表現によって大きく異なるものである。本論文では、ピアノ演奏における演奏表現のひとつであるフレージング表現とその手法について議論する。本論文の焦点は、フレージングの大きさによるフレージング手法の使い方、フレージング手法が階層構造をもつか否か、そしてフレージング手法とテンポと音量の関係である。

本論文では2つの実験が行われた。実験1は、フレージング手法を分析するためにMIDIデータを演奏することが目的であった。6人のピアニストが2曲を3種のフレージング、すなわち「長いフレージングの演奏」「中くらいのフレージングの演奏」「短いフレージングの演奏」で演奏した。その時、各演奏者は演奏時に意図したフレージング構造を報告した。記録した楽曲は、J.S.Bach《平均律クラヴィーア曲集第1巻第1番プレリュードBWV846》とW.A.Mozart《ピアノソナタK.331》であった。実験2は、記録された演奏が演奏者が意図したフレージング構造を十分に表現しているかを確認することが目的であった。演奏者は記録された全ての演奏を提示され、演奏者に意図されたフレージング構造を推定した。

実験1の分析では、まず、記録された演奏からsIOIとvelocityを算出し、次に演奏者の意図したフレージングとsIONとvelocityの外れ値を参考に演奏のグラフを観察した。その結果、次のことが分かった。1つ目に、テンポと音量が上がっていき頂点に達した後下がっていく手法である「山型」の手法は、全演奏の全フレージング中、6箇所のみに見られた。また、sIOIまたはvelocityが単独して山型の変化をする箇所も見られたが、これはフレージング以外の表現によるものだと考えられた。2つ目に、フレージングとフレージングの間に時間的隙関を入れる手法である「間型」は、短いフレージング以外の演奏で頻繁に見られた。また、僅かな間ではフレージング構造が表現され、大きな間では楽曲構造が表現される可能性が示唆された。3つ目に、フレージングの開始音にアクセントがある手法である「強勢型」の手法は見られなかったが、前の音との音量差をつける手法は見られた。後者の型は、単純な楽曲構造の表現手法であり、楽曲によっては演奏者に固有の表現であると推測された。最後に、階層構造の有無を調べたところ、奏者の意図したフレージング構造には階層構造が見られたが、実際の演奏にはその階層構造が見られないとわかった。

実験2で得られた、各演奏に対するフレージングの回答は4つに分類された(正答回答、区切り誤答、短い誤答、長い誤答)。それらの回答の分析として、それぞれの回答が占める、様々な割合の算出と、各演奏刺激に対する多数派回答による刺激の分類が行われた。

まず、本実験の目的、すなわち意図したフレージングが実現されていたかを検証した。分析の結果、意図したフレージングの正答回答率は半分であったが示された。このことから、記録された演奏の半分において、演奏時に意図されたフレージングが実現されていたことがわかった。

つぎに、意図が理解された演奏と理解されなかった演奏における手法の違いを調べることを目的に、全てのフレージングの切れ目における外れ値の一致率に対して3要因(楽曲の種類、演奏の種類、理解された演奏か理解されなかった演奏か)の分散分析を行った。その結果、有意差はみられなかった。このことから、両者の演奏の間に一致率の違いはなかったといえる。両者の演奏の差異に関する更なる調査は今後の課題とする。

以上のように、3つのフレージング手法については、従来言われてきた手法の中では「間型」のみが見られ、単純な楽曲構造との表現とフレージング表現の手法が分けられる可能性が示唆された。また、フレージング表現の意図が正確に聴取される演奏は半分であり、意図が理解された演奏とそうでない演奏における手法の差は、外れ値とフレージング区切りとの一致率ではないことが分かった。この差を生む手法がなにかと、本論文で見られたその他の傾向に関しては今後の課題とする。また、本論文では、観察や分類を主として分析を進めたため、定量的な分析は行えなかった。本実験で得られた傾向の定量的分析も今後の課題である。


This paper discusses about phrasing expression and the methods, which is one of the performance expressions in piano. The foci of this study is on the use of the phrasing methods depending on the size of phrasing, whether phrasing method has hierarchical structure, and the relationship between tempo, velocity, and phrasing method. The study included two experiments. Experiment 1 was aimed at recording MIDI data for analyzing the phrasing methods. Six pianists played two pieces each in three phrasing types, namely “Iong,” “middle” and “short” phrasings, and were captured as MIDI sequences. Then, cach performer reported the intended phrasings when performance were done. The recorded pieces were J. S. Bach “Prelude No.1 in C major, BWV846, in The Well-Tempered Clavier, Book I” and W. A. Mozart “Piano Sonata No.11 in A major, K.331.” Experiment 2 was aimed to confirm that recorded performances sufficiently express performer’s intended phrasings. There, performers were presented with all recorded performances, and instructed to estimate the phrasings intended by the performer.

On experiment 1, analyses were started with calculating siOI and velocity from the recorded performance. Observations of the plotted graphs were done with performer’s intended phrasings and outliers in sIOI and velocity. As a result, the followings were found. First, “ridged shape” phrasing method that both tempo and velocity rises and drops gradually centering at the peak was observed only six times in all phrasings of all performances. The ridge method of tempo or velocity alone were also observed, but this method were considered to be used for expression other than phrasing. Secondly, “gap” method that a temporal gap is placed between two consecutive phrasings. This method was frequently observed in recorded performances except for the short phrasing performances. And, it was suggested that a short gap expresses intended phrasing and that a long gap expresses a large musical structure. Thirdly, “stress” method that an accent is applied at the beginning of a phrasing were not observed. However, a method that applying a velocity difference between the end of one phrasing and the beginning of the next phrasing was observed. The latter method scems to express a simple musical structure and be expression peculiar to the performer depending on the piece. From further analysis on whether the hierarchical structure was expressed, it was found that the performer’s intended phrasing had hierarchical structure but the performances did not.

In the analyses of experiment 2, the responses were divided into four categories, and calculations of various response proportions and classification of stimuli were done based on observations of the majority of responses. As the first result, only a half of answers was correctly answered their intended phrasings. From this, it was discovered that a half of the recorded performances accurately expressed the intended phrasings. Next, in order to clarify whether there is a difference in the phrasing methods between the phrasings that were correctly estimated and not, three-way analysis of variance was done on the hit/miss ratio of the sIOI outliers against the total number of the intended phrasings in each performances. As a result, there were no significant differences. From this, it was concluded that there was no significant difference in the hit/miss ratio between performances. Further investigation on the differences between the correct and incorrect estimation of the phrasings is necessary.

Among the three phrasing methods in the experiment 1, only the “gap” type was observed, and it is suggesting the possibility of dividing the methods between two expressions of simple musical structure and phrasings. In addition, it was found that the performances in which the intended phrasings was accurately perceived was about a half, and that the difference in the method in which the intended phrasing were estimated or not was not the hit/miss rate between the outlier and the intended phasing. A method that makes that difference and a verification of other trends seen in this study are left for the future studies. In this study, analysis was done mainly by observation and classification and quantitative analyses were not done. Thus, this is also included in the further investigation tasks.