東京藝術大学 大学院 音楽音響創造

要旨

佐藤亜矢子
リュック・フェラーリ、逸脱する電子音響音楽
——《ほとんど何もない第一番》を中心に――

 作曲家リュック・フェラーリ Luc Ferrari (1929-2005) は、ピエール・シェフェール Pierre Schaeffer (1910-1995) によって創始されたミュジック・コンクレート musique concreteを出発点とし、独自の視点から電子音響音楽を開拓していった。1964 年に発表した作品《異型接合体 Hétérozygote》では、それまでシェフェールらが行ってきたようなスタイルを覆す表現を試みた。つまり、具体音素材の音響的特性に依存することで音楽の内容から具体性を限りなくはぎ取ろうとした彼等に対し、フェラーリは現実音の持つ過剰な程の意味性を隠す事なく露呈させ、架空の逸話を音楽に語らせたのである。彼はこれを「逸話的音楽 musique anecdotique」と命名する。主流派から理解を得られなかった結果、GRM から離脱し、当時彼の周囲で行われていた音楽からより一層逸脱した作品を手掛けるようになる。
 
逸話的音楽の特色が極端な形で現れた《ほとんど何もない第一番、あるいは海岸の夜明け Presque rien no.1 ou Le lever du jour au bord de la mer》 (1967-70) は、漁村の環境音が 20 分 余ただ在るに過ぎず、一般的に言う音楽的事象を見出すことが困難な電子音響音楽作品である。旧ユーゴスラビアのコルチュラ島にあるヴェラ・ルカという町で、作曲家自らがポータブルレコーダーを操作し、マイクロフォンを向けて収録した様々な環境音を素材として作曲されており、我々はそれを海岸の夜明けのルポタージュかの如く受け止めることが出来る。しかし、これは確固たる創作物であり、リュック・フェラーリという作曲家が作曲した音楽作品であり、ほとんど何もないどころか多くの作業の結果なのである。
 
彼は一体どのように何を「作曲」し、どう「逸脱」したか。それを考察するべく、まずはシェフェールの「音響オブジェ objet sonor」、そこから派生したフェラーリの「発見されたオブジェ objet trouvé」について確認し、逸話的音楽と自伝の関係性についても言及する。 更に作品の背景や創作の経緯を慎重に追った後で、彼の残した手書きの作品スケッチに向かい、楽曲分析を行う。そうして見えてきたのが、逸脱の奥にある思慮深さであった。この作品において、彼は闇雲にイデオロギーから逃亡しようとしたのではなく、甚だ綿密に作曲家としての仕事をした。《ほとんど何もない第一番》はフェラーリの逸脱の一つの側面であり、ここで逸脱の全貌を明らかにできるわけではない。しかし、逸話的音楽の極点に君臨するこの側面を探求することで、1960 年代において彼が電子音響音楽で試みた異端者としての活動を理解する大きな助けとなるのである。


SATO Ayako
The Deviant Electroacoustic Music of Luc Ferrari : Focusing on “Presque Rien No.1”

 The French composer Luc Ferrari explored electroacoustic music from a unique point of view by using musique concrète as a starting point. In his piece “Hétérozygote” (1964), he used sound representation, which broke away from traditional musique concrète. In this piece, Ferrari made music narrate fictitious anecdotes without disguising the sources of sounds, going against those who tried to divest the sounds of their meanings or sources. Ferrari named it musique anecdotique.

His “Presque rien no. I ou Le lever du jour au bord de la mer” (1967-70) expresses strongly the features of musique anecdotique. It is difficult to find musical phenomenon in it. There are merely the environmental sounds of a fishing village for about 20 minutes. It consists of sounds the composer recorded using a portable recorder and microphone in Vera Luka, Korcula, Yugoslavia, now Croatia. Since it is heard as recorded sound which has not been processed, we receive it like a documentary of the dawn of the seashore. But, this is a musical composition.

What were Ferrari’s composition method and concept in “Presque rien no. 1′? For background, I compared Schaeffer’s objet sonore idea with Ferrari’s objet trouvé. Reference is also made to the relationship of his musique anecdotique and his autobiography. I then made a music analysis based on his handwritten notes. Thus, the thoughtfulness of his method was found. In this work, he did not just escape from ideology, but worked intently as a composer.

This is one side of Ferrari’s “deviant activities, and cannot necessarily clarify the whole of what he called “his deviation” from the mainstream. However, it helps to understand his heretic activity in his electroacoustic music in the 1960s, that extreme musique anecdotique.