東京藝術大学 大学院 音楽音響創造

要旨

この論文では、アニメーションと実写との間の知覚的差異と人工リバーブに対するどのような影響を探求している。 様々な視覚刺激を用いて2回の実験を行った。 実験の目的は、どの次元属性がその差の影響を受けるかを確立することであった。 「空間の幅 」、「空間の奥ゆき」、および「空間の奥ゆき」という 3 つの属性がテストされました。 「空間の幅」属性の適合性の違いが観察され、考えられるいくつかの推論が議論された。


This thesis explores perceptual differences between Animation and Live Action and what effects they have on artificial reverb. 2 experiments were conducted with varying visual stimuli. The purpose of the experiments was to establish which dimensional attributes are influenced by the differences. Three attributes were tested, spatial width”, “spatial depth”, and “source distance”. A difference in suitability was observed for the width attribute, and some possible reasoning’ s are discussed.