東京藝術大学 大学院 音楽音響創造

要旨

石田多朗
武満徹の映画音楽における映像と音の対位法 

本論文は武満徹の映画音楽についての論考である。武満徹は生涯にわたって百本を超える映画音楽を作り続けたが、その音楽の独特さは現在でも高く評価されてい る。中でも1964年に発表された小林正樹監督の『怪談』の映画音楽は彼の独自性が極めて強く発揮された点でも彼の代表作だといえる。ここではその『怪談』における独自性を具体的な例として挙げながら武満徹の映画音楽について論じている。武満徹の映画音楽の独自性はいったいどこからうまれるのか。それを知るためのとっかかりとして対位法をキーワードとしている。対位法は本来音楽用語ではあるが、 映像と音の関係性を語る上でも用いられる言葉である。さまざまな映画監督や音楽家が映像と音の関連性を語る上で対位法という用語を用いているが、その用い方をつぶさにみてみると対位法という同じ用語であってもその用いられ方が異なっていることが分かる。この対位法という用語の用いられ方をそれぞれ比較することで武満徹の映画音楽観とでもいうべきものが垣間見えてくる。武満徹のいう映像と音の対位法とは、音・音楽が単純に映像のリアリティを増すために機能するのではな く、より高次元で結びつくことで、音・音楽と映像とを切り離すことが不可能な状態とすることを意味している。また、対位法という言葉自体は音楽理論上の言葉で もあるのにもかかわらず、武満徹は対位法というその本来の用法とは矛盾するかのように映像と音楽の関係の理論付けを拒むものとして使用しているふしがある。武満徹は映画を、映画以外のものから切り離された一個の内的に完結した作品としよ うとしていることがそこから感じとることができる。 


TARO Ishida 
“Toru Takemitsu’s counterpoint of movie and sound in the films” 

In this dissertation, I treat about the philosophy of Toru Takemitsu in the film music. Takemitsu composed more than 100 film musics and still now these works are highly evaluated. In these works, “KWAIDAN”(1964 Masaki Kobayashi) is called his masterpiece. He could express his originality as itself in it. In this dissertation, I analyze “KWAIDAN” as a example, and deal with his film music. How could Takemitsu do create such as unique film music? l use the word ” counterpoint” as a keyword to know it . Counterpoint is the word about music theory originally, but sometime it is used for talking about the relation between movie and music(sound). Some film directors and musicians use the word “counterpoint”, but when we check how they use the word carefully, we notice that they use it in different way. Then, by comparing these way, we can know about Takemitsu’s philosophy about film music. Takemitsu’s counterpoint means not only the musical faculty that help to strengthen the reality of the movie, but also the impossibility to split off the movie and the music(sound) in high level. Although the counterpoint is a word for musical theory, but he use it for refusing the theory of film music. Toru Takemitsu tried to make the works to be independent by refusing theory and so on. He wanted to make the work to exist by itself.