東京藝術大学 大学院 音楽音響創造

要旨

本論文は、オーストリア出身の作曲家であるエーリヒ・コルンゴルトの作曲技術の中で、特にリヒャルト・ワーグナーのオペラの特色であるライトモチーフを用いた作曲法を、彼の映画音楽作品《風雲児アドヴァース(AnthonyAdverse・1936)》を通して検証する。それによってコルンゴルトの映画音楽がどのように映画の内容を表現し、どのように映像と結びついているかを明らかにしたい。

コルンゴルトは『映画音楽における経験(SomeExperienceinFilmMusic・1940)』の中で語った通り、彼の音楽はあくまで芸術音楽である。それは、彼は《ロビンフッドの冒険》の作曲を依頼された時、依頼先のワーナーブラザーズに対し、戦闘シーンが大半の映画には音楽を書けないと言って、自身の音楽の芸術性を主張したというエピソードにもよく表れている。

本論文は5章からなる。まず第1章では、ハリウッド映画音楽の初期の歴史を概観し、アンダースコアリングを中心に、1930年代からコルンゴルトの映画音楽作品に使われた技術的、美学的背景を明らかにする。

第2章では、コルンゴルトが幼年期からハリウッドに渡るまでのウィーン時代の音楽歴を概観し、彼の受けた教育的背景、そしてその教育的背景からなる音楽的特徴を確認する。

第3章~第5章では、彼の映画音楽作品《風雲児アドヴァース》を例に実際に分析を行い、コルンゴルトがどのように当時のハリウッド映画音楽の技術的、美学的背景と自身の創作美学を折させたのかを明らかにする。

最後にまとめとして、コルンゴルトの著作『映画音楽における経験(SomeExperienceinFilmMusic・1940)』を取り上げ、その中で語った主張がいかなる作品においても貫いていたことを証明する。

本論文は、まずコルンゴルトの映画音楽《風雲児アドヴァース》のモチーフを役割に応じて分析する。先行資料では、コルンゴルトがいかに映画音楽作曲家の先駆者であったことや、彼がウィーンオペラの作曲技法をハリウッド映画音楽にもたらしたことに関して論じる資料が多いが、その中で《風雲児アドヴァース》の研究はあまりなされていない。しかし、古典的映画音楽のアンダースコアリング手法を確立したいと言われる《風雲児アドヴァース》のモチーフを分析する必要性があるだろう。しかし、《風雲児アドヴァース》のスコアは出版されておらず、著作権は全てワーナーブラザーズに帰属しているため、学習者や研究者がスコアを確認するのには大変な困難が生じている。そのため、筆者はそのモチーフの全貌を提示する必要性を感じた。本論文に載っている譜例は、すべて筆者自身がアメリカで原譜を手書きで写したものである。

《風雲児アドヴァース》の分析においては、ミシェル・シオン、ゾフィア・リッサ、ロイド・ホイッタカーの論を引用し、彼らの美学的視点からモチーフの役割を分類した。そして、その分析を通して、コルンゴルトの音楽的背景と作曲技法、そして彼の伝記における思想との関係性を確認した。

さらに分析を通して、異なる役割のライトモチーフがどのように交差的に使用され、複雑な映画内容を表現したのか、その音楽は「同時音楽」でありながら、断片的にならず音楽性を保つために、どんな方法があるかを考察することができた。その結果、コルンゴルトによって確立された古典的ハリウッド映画音楽の作曲手法は効果的な手法であるということが結論付けられた。

※Kathryn, Kalinak. Settling the Score: Music and the Classical Hollywood Film. Wisconsin: The University of Wisconsin Press, 1992.


ZHANG Ming
Leitmotifs in the Film Score Anthony Adverse Composed by Erich Korngold

The body of this dissertation presents a detailed analysis of the leitmotifs (which inspired by the works of Richard Wargner) in the Anthony Adverse score, as well as the transformation of those leitmotifs throughout the film. Scores like Anthony Adverse set the trend for originally composed, full-length, symphonic scores modeled on a nineteenth-century musical idiom. The remainder of chapter five will be devoted to this score, to an analysis of leitmotifs which are consistently associated with the specific characters and situations.

Korngold’s autobiography interview gives us valuable insight into his musical language in film, which is claimed in Some Experience in Film Music (1940), that he never differentiated between his music for the films and that for the operas and concert pieces. In fact, swashbucklers contained so many action sequences that Korngold initially refused the studio’s follow-up, as Korngold explained, “Robin Hood is no picture for me…I am a musician of the heart, of passions and psychology; I am not a musical illustrator for a 90% action picture.”

Chapter 1 looks at the background of the Hollywood studio system. Chapter 2 concentrates on Korngold’s Viennese Background, Chapter 3 to 5 is an in-depth look at the processes involved in producing the score, through a detailed analysis of the leitmotifs in the Anthony Adverse score, including the use of leitmotifs to sustain structural unity, to illustrate narrative content, both implicit and explicit, also including a high degree of direct synchronization between music and narrative action, and the privileging of dialogue over other elements of the soundtrack will be discussed.

Finally, the relationship between Korngold’s film music composition technique and his oral history as Korngold himself noted in 1940 will be discussed.

In any case, it is clear that the score of Anthony Adverse demonstrates practices that characterize the classical Hollywood film score model. This thematic approach to scoring a film was one of the factors that established by Korngold, his technique of film scoring is proved out a great synchronized combination of music and narrative.

This classical Hollywood film score model not only influenced the film music in the initial decades in Hollywood, but also bring influences to film music composers all over the world nowadays.