東京藝術大学 音楽環境創造科

カリキュラム

3つの異なる分野の実践ゼミとしてプロジェクトがわかれており、学生はその中から1つを選択します。プロジェクトで自身のベースとなる分野を定めつつ、その他の講義、演習科目で幅広い分野の知識を深めていきます。プロジェクトは2年次3年次で異なった分野を選択することも可能です。その他に上野キャンパスで開設している専門基礎科目、外国語、教養科目、副科実技なども受講できます。また、毎年12月に2、3年次の学生は「千住アートパス」という公開プログラムを企画し、各自の作品公開やイベント運営の実践を学びます。4年次の終わりには卒業制作発表会を行います。

 

※カッコ内は単位数

専門科目

必修科目

スタディ・スキル(4)
プロジェクト(16)
卒業制作・研究(8)
音楽文化史(4)
音楽基礎演習(初級、中級又は上級)(4)
音楽環境創造概説1〜3(12)

 

【スタディ・スキル】

論文作成やプレゼンテーションのために必要なスキルを学ぶ。後期に実施するアートパスの運営も含める。
1年次に履修すること。

 

【プロジェクト】

プロジェクトは「創作」、「音響」、「アートプロデュース」から1つを選択して履修すること。
2年次、3年次に履修すること。

 

【卒業制作・研究】

4年次に履修すること。

 

【音楽文化史】

2年次までに履修すること。

 

【音楽基礎演習】

ソルフェージュ(音楽基礎演習A)及びソルフェージュ(音楽基礎演習B)を上級とみなす。
2年次までに履修すること。

 

【音楽環境創造概説1〜3】

音楽環境創造概説1〜3は、1(創作)、2(音響)、3(アートプロデュース)とする。
2年次までに履修すること。

 

シラバス検索

選択科目

特殊講義・演習(音楽環境創造科開設)(44)
副科実技(2〜6)
美術学部開設科目、芸術情報センター開設科目(2〜6)

 

【特殊講義・演習(音楽環境創造科開設)】

アニメーション音楽創作技法 (上水樽力)
サウンドデザインとオーディオディレクション演習 (戸田信子、染谷和孝)
サウンド・シンセシス (渡辺愛)
ジャズ・ポピュラー音楽理論 (香取良彦)
ジャズ・ポピュラー音楽演習 (香取良彦)
ソルフェージュ(音楽基礎演習A) (テシュネローラン)
ソルフェージュ(音楽基礎演習B) (照屋正樹)
ポピュラー音楽研究Ⅰ (東谷護)
ポピュラー音楽研究Ⅱ (日高良祐)
作り手のためのドラマツルギー概説 (長島確)
声楽実技演習 (平松英子)
文化研究演習 (毛利嘉孝)
文献講読演習2 (熊倉純子)
日本音楽概論 (森重行敏)
映像音楽制作演習 (余田有希子)
映像音響処理概説 (比嘉了)
空間音響研究 (中原雅考)
芸術運営論Ⅰ:著作権と文化・メディア契約 (福井健策、小林利明)
芸術運営論Ⅰ:音楽マネジメント1 (西巻正史)
芸術運営論Ⅰ:音楽マネジメント2 (山中聡)
芸術運営論Ⅰ:基礎概論 (吉本光宏)
芸術運営論Ⅱ:芸術支援 (熊倉純子)
視覚表現演習1 (岩井成昭)
録音技法研究Ⅰ (亀川徹)
電子工作創作表現 (加治洋紀)
音楽理論演習A (田村文生)
音楽理論演習BⅠ (白山智丈)
音楽コンテンツ制作論 (斎藤ネコ)
音響作品創作演習 (後藤英)
音響技術史 (広江哲也)
音響心理研究法 (丸井淳史)
音響信号処理概論 (鈴木久晴)
高臨場感音響設計概論 (杉本岳大、大出訓史)
DTP出版編集演習 (角谷剛)
音響作品創作研究 (後藤英)
現代ダンス概説 (桜井圭介)
舞台芸術論 (長島確)

集中講義・視覚表現演習2  (岩井成昭)
集中講義・芸術運営論Ⅱ:経営学 (山下勝)
集中講義・芸術運営論Ⅱ:マーケティング (池上重輔)

【美術学部開設科目】

美術学部開設の交流科目(一般教養科目、外国語科目及び保健体育科目を除く。)を指す。

 

シラバス検索

 

共通科目

教養科目

一般教養科目、専門基礎科目(12〜16)

外国語科目(8〜12)

 

【外国語科目】

「英語初級Ⅰ・Ⅱ」及び「英語中級Ⅰ・Ⅱ」は履修対象外とする。

 

シラバス検索