若林 幹夫

文化社会学

1962年生まれ。東京大学教養学部相関社会科学分科卒。同大学院社会学研究科博士課程中退。博士号(社会学)。筑波大学教授等を経て、現在、早稲田大学教育・総合科学学術院教授。専門は社会学・都市論・メディア論・時間論・空間論。著作に『未来の社会学』(河出書房新社)、『郊外の社会学――現代を生きる形』(ちくま新書)、『モール化する都市と社会』(NTT出版)、『都市のアレゴリー』(INAX出版)など。