コンサート《中国 伝統音楽とコンピュータ・ミュージック》【終了】

2010年12月22日に東京藝術大学のアジア総合芸術センター事業の一環として、中国の伝統音楽とコンピュータ・ミュージックのコンサートを開催いたします。

このコンサートでは、次世代の電子音楽を担う二人の学生によるコンピュータ・ミュージック、中国最高の曲笛奏者である王次恒先生と台湾出身の若い古箏奏者蔡芳詠さんによる伝統音楽、北京の中央音楽学院電子音楽センター主任の張小夫先生と朱詩家先生のライブ・エレクトロニクス作品をお聴きいただきます。

ライブ・エレクトロニクスは、楽器の演奏とリアルタイムにマイクロフォンで取り込んだ楽器音のコンピュータによる変調が行われます。張小夫先生の二作品では映像が加わり、いずれも最先端の現代音楽でありながら京劇などの中国の伝統を意識した表現が体験できます。

詳細

2010年12月22日(水)18:00開場 18:30開演

東京藝術大学千住キャンパス スタジオA

入場無料

東京藝術大学アジア総合芸術センター事業

企画制作:東京藝術大学音楽学部 音楽環境創造科 西岡龍彦/亀川 徹

協力:オタリテック株式会社

お問い合わせ:東京藝術大学音楽学部音楽環境創造科 050-5525-2742

*会場は、大がかりなスピーカーのシステムのために通常のコンサートより座席数が少なくなっています。満席のときには入場をお断りすることがありますので、ご了承ください。