Viriya Sawangchot&Kevin Fellezs特別講義【終了】

*Please scroll down for ENGLISH.

東京芸術大学毛利嘉孝研究室にて6月3日(火)16時30分から、大阪市立大学都市研究プラザ客員研究員のViriya Sawangchot氏およびコロンビア大学准教授のKevin Fellezs氏を招いての特別講義を行います。ふるってご参加ください。なお講義は英語で行われます(通訳なし)。

日時:2014年6月3日(火)16:30〜18:30
会場:東京芸術大学 千住キャンパス 1F 第1講義室
入場料:無料(予約不要)
アクセス:http://www.geidai.ac.jp/access/senju
お問い合わせ:sotatkhs@gmail.com(東京芸術大学大学院 高橋聡太)

・Talk1: Viriya Sawangchot ‘Bangkok Indie Music Scene and New Urbanism’

【プロフィール】
マヒドン大学講師、大阪市立大学都市研究プラザの客員研究員(APIフェロー)。ユース・カルチャー、ポピュラー音楽、都市空間を研究テーマとし、近年はクリエイティヴ・シティと持続可能な生活についての調査を進める。

・Talk2: Kevin Fellezs ‘Vital Transformations: Fusion’s Young Discontents’

【講義概要】
 今回はマイルス・デイヴィスの《Bitches Brew》が発表される以前の、忘れられた初期フュージョンをとりあげる。フュージョンはジャズのサブスタイルの中でもとりわけ商業的な性格が強いものと見なされている。しかし、初期に活動したフュージョン・グループの大半は無名のままで、当時も私的に行われたジャム・セッションや、まれに開かれる公演でしかその演奏を聞けなかった。1960年代中頃から、マイルス・デイヴィスが《Bitches Brew》をリリースする1970年までのあいだに活動した初期のフュージョン・バンドは「商業的成功」とは無縁だったのである。講義ではこのフュージョン形成期に焦点を絞り、若き「フュージョニアだち(fusioneers)」の理念と美意識を概括する。彼らの活動は、ジャズをロックとファンクに迎合させたものとして、ジャズ界の批評家とファンに糾弾された。しかし、このような憂慮はフュージョンをジャズと結びつけることに固執するがゆえに生じたものにすぎない。ハービー・ハンコックが主張したようにフュージョンをサブスタイルではなく「新しい表現形式」として捉えれば、ジャズがより広範なポピュラー音楽の世界に並ぶというよりも囲まれていたと感じていた時代に、若いミュージシャンたちが創始した音楽についてより有意義に考察を深めることができるだろう。

【プロフィール】
コロンビア大学音楽学部准教授。2011年に上梓した単著『Birds of Fire: Jazz, Rock, Funk, and the Creation of Fusion』で国際ポピュラー音楽学会US支部のウディ・ガスリー賞を受賞。

—-

We are excited to announce that Viriya Sawangchot and Kevin Fellezs will deliver special lectures at Senju Campus, Tokyo University of the Arts, on Tuesday, June 3rd. All speakers will talk only in English. No translation available.

Date : Tuesday, June 3rd. 16:30-18:30
Venue : Lecture Room 1, Senju Campus, Tokyo University of the Arts
Admission Fee : Free
Access: http://www.geidai.ac.jp/english/access
Contact: sotatkhs@gmail.com

・Talk1: Viriya Sawangchot ’Bangkok Indie Music Scene and New Urbanism’

【PROFILE】
Viriya Sawangchot is currently API Fellow, Nippon Foundation, and visiting researcher at Urban Research Plaza, Osaka City University. He is particularly interested in the contesting of youth culture, popular music and urban space. His most recent research is Creative Cities and Sustainable Life.

・Talk2: Kevin Fellezs ‘Vital Transformations: Fusion’s Young Discontents’

【ABSTRACT】
Kevin Fellezs will speak on the forgotten early years of fusion before the release of Miles Davis’s Bitches Brew. Though fusion is now seen as one of the more commercially driven of jazz’s substyles, most of the early fusion groups remained unknown and largely unheard outside of private jam sessions and infrequent live performances. Commercial success was hardly a phrase one would use to describe early fusion bands from the mid-1960s until 1970 with the release of Miles Davis’s Bitches Brew. The talk will be focused on the early formative years of fusion, outlining the rationales and aesthetics of young “fusioneers,” who were criticized by jazz writers and fans for merging jazz with rock and funk. Yet this is a concern only if one is insisting on aligning fusion with jazz. Thinking of fusion as a “new idiom,” as Herbie Hancock insisted, may lead to a more productive way to think about the music these young musicians began creating at a time when jazz observers often felt besieged by, rather than aligned with, the broader popular music world.

【PROFILE】
Kevin Fellezs joined our faculty as Assistant Professor of Music and African American Studies. His book titled Birds of Fire: Jazz, Rock, Funk and the Creation of Fusion (Duke University Press, 2011) is a study of fusion (jazz-rock-funk) music of the 1970s and winned Woody Guthrie Award for Outstanding Book on Popular Music.