アサダワタル「千住タウンレーベル」タウンレコーダー募集説明会
11月23日(水・祝)【終了】

まちの記憶を、「音楽」として編集・リリースする「千住タウンレーベル」が始動。

まちに繰り出し、言葉と音を収録・編集する 「タウンレコーダー」(記者)の募集説明会を開催します!!

■千住タウンレーベルとは 〜音楽×日常で粋に遊ぶ〜

東京都足立区千住地域を舞台に「音」をテーマにしたまちなかアートプロジェクトを展開する「アートアクセスあだち 音まち千住の縁」(通称:音まち)。音まちではこの秋から、言葉や音楽を用いて新しい日常を生み出すアーティストの アサダワタルとともに新プロジェクトを立ち上げます。その名も「千住タウンレーベル」。
千住で生活してきた市井の人々の人生譚(記憶)、千住のまちならではの風景や人間模様にまつわるエピソード、千住に根づき息づく音楽など、これらすべてをテキスト(文字)だけではなく、「音楽」として編集し、東京藝術大学やまちなかの拠点を編集室(スタジオ)として、発信・アーカイブしていくプロジェクトです。

■タウンレコーダーとは

このまちにしか存在しない、まちの情報サロンのような「タウンレーベル」。「音楽 × 日常」の新しくもヘンテコなあり方を追究する『音盤千住』(仮称)を定期的にリリース。
この『音盤千住』リリースに向けて、まちなかでさまざまな取材、録音、編集などをおこなう「タウンレコーダー」(記者)を募集します。ご興味のある方は、ぜひ説明会にご参加ください。

タウンレコーダー募集説明会

日時:平成28年11月23日(水・祝) 14:00−17:00
会場:東京藝術大学 千住キャンパス
料金:無料
定員:30名程度(事前申込優先)
内容:アサダワタルによるプレゼンテーションとミニライブ、住民のまちの記憶や音楽をテーマにしたワークショップ。参加者のみなさんと、頭と身体を使って「千住タウンレーベル」のコンセプトを共有します。

タウンレコーダー活動プログラム

今秋から来年2月にかけて、「音のメディア」や「編集」にまつわる勉強会や、実際に一連の制作を試してみるワークショップを実施。取材や執筆、録音や編集など各種経験は不問。詳しくは説明会にて!

詳細はこちら

※内容は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

お申し込み・お問い合わせ

「アートアクセスあだち 音まち千住の縁」事務局
[WEBフォーム]http://aaa-senju.com/contact
[お電話]03-6806-1740(13:00−18:00、火曜・木曜除く)
[メール]info@aaa-senju.com
件名を「タウンレコーダー募集説明会」とし、
氏名(ふりがな)、電話番号、参加希望人数ををお伝えください。
※info@aaa-senju.comからのメールを受信できるようご設定ください。
※個人情報は厳重に管理し本事業の運営及びご案内にのみ使用します。

主催:東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京藝術大学音楽学部・大学院国際芸術創造研究科、特定非営利活動法人音まち計画、足立区