三上亮/遠藤幹大「Under Her Skin」

仲町の家を舞台にした映像・サウンドインスタレーション
— 私は家。私の中で起こっていることを外の人は誰も知らない —

江戸時代は日光街道第一の宿場街として、戦前は工業地帯として、戦後は生活都市として栄えた千住。
本作「Under Her Skin」の制作にあたり三上・遠藤は、河に囲まれた地形、新しく開発されたマンション群と古い街並みが同居している景観、 そして家の内と外といった街に散見されるさまざまな「境界」に着目しました。そうした「境界」へのまなざしをベースに蒐集した土地の歴史や事実から、江戸時代に建てられた“仲町の家”を主人公とした「ホームドラマ」をインスタレーションとして提示します。

会期:2019年9月29日(土)〜 2019年3月4日(月)[土日月・祝日のみ]
時間:10:00-17:00(16:30 最終入場)
※9/29-10/15は毎日開室。10/20-21、12/9、年末年始はお休み。
最新情報は「仲町の家」Facebookページをご確認のうえ、お越しください。
会場:仲町の家(東京都足立区千住仲町29-1)
鑑賞無料

主催:東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京藝術大学音楽学部・大学院国際芸術創造研究科、特定非営利活動法人音まち計画、足立区

アーティストプロフィール
三上亮/遠藤幹大
人の無意識や記憶を扱うアーティスト・三上と、実験的な映像作品を手掛ける映像作家・遠藤が、記憶庫としての「家」を舞台に、不在と現前をめぐるインスタレーションを作り出す共同制作プロジェクト。
主な展示に、《家と出来事 1972-2006年の会話》(さいたまトリエンナーレ2016)、《ある家についての叙述》 (BankART AIR OpenStudio 2016)など。
http://www.homedrama.site/

三上亮
1983年、神奈川県生まれ。アーティスト。2008年、東京藝術大学音楽学部音楽環境創造科卒業。2011年、東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修了。

遠藤幹大
1985年、三重県生まれ。映像作家。2008年、京都造形芸術大学映像舞台芸術学科卒業。2013年、東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻修了。

アートアクセスあだち 音まち千住の縁(音まち)
アートを通じた新たなコミュニケーション(縁)を生み出すことをめざす市民参加型のアートプロジェクトです 。足立区千住地域を中心に、市民とアーティストが協働して、「音」をテーマにさまざまなまちなかプログラムを展開しています。日本家屋「仲町の家」も文化サロンとして土日月・祝日にオープン中。
http://aaa-senju.com/
※本事業は「東京アートポイント計画」として実施しています。

お問合せ:「アートアクセスあだち 音まち千住の縁」事務局
[WEBフォーム]http://aaa-senju.com/contact
[お電話]03-6806-1740(13:00−18:00、火曜・木曜除く)

※個人情報は厳重に管理し本事業の運営及びご案内にのみ使用します。
※内容は変更になる場合がございます。ご了承ください。