概要

「音楽音響創造」研究分野では、母体となる音楽学部「音楽環境創造科」で掲げる「21世紀の新たな芸術と、それにふさわしい環境の発展、創造に資する人材育成」という教育理念を引き継ぎ、音楽、音響関係の分野において、より専門的な知識、技能の習得を行い、トーンマイスターと呼ばれる録音制作ディレクター・エンジニア、作曲家、プロデューサーなど、高度な専門職業人の養成に重点を置きます。

専任教員

西岡龍彦 教授(作曲)

音楽・音響作品(映像、美術、身体表現、音響技術など、他ジャンルとの共同制作を含む)の創作と、電子音楽、ライブ・エレクトロニクス、テクノロジーと音楽、現代の作曲技法、作曲家論、楽器法、映画・舞台・メディアの音楽、環境と音楽などをテーマとした研究を行い、論文の提出が課されます。学外・海外でのコンサートや研究発表、コンクールへの参加、企業や公共機関との共同研究、 受託研究も行います。

亀川徹 教授(音響・録音技術)

「録音技術」を音楽制作者と聴取者を結びつける手法としてとらえ、実際の録音技術とそれらに関連する様々な分野を学びます。千住校地のスタジオを駆使した様々な録音制作をはじめ、奏楽堂や学外ホールでの収録を通じて録音の実践をおこなうと同時に、演奏者が演奏しやすいと感じる響きや、演奏者の録音に対する嗜好と聴取者の嗜好との関連など、録音と音楽をテーマにした研究にも取組んでいます。

丸井淳史 准教授(音響心理学・コンピュータ理工学)

様々な音響関連技術の心理実験と統計分析による研究を通して、音楽制作に生かせる知識・道具の創造を行います。音響的・音楽的な幅広い視野をもちつつも、可能な限り音響用、実験用、あるいは分析用のコンピュータ・プログラムを作成することで、音響技術のより深い理解を目指します。ただし、音の聴き手は人ですので、最終的には音響心理実験が欠かせません。

所属学生(博士課程)

リトル・太郎・ピーター

渡邊 愛

アダム・ストレンジ

石井 拓洋

鈴木 雅人

田中 教順

石田 舞

佐藤 亜矢子