東京藝術大学 音楽環境創造科

助手

冨山 紗瑛 TOMIYAMA Sae

本学音楽環境創造科卒業、大学院国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻修了。
おもにアートマネジメントや文化政策を学び、2015年から足立区で展開されているアートプロジェクト《アートアクセスあだち 音まち千住の縁》にスタッフとして参加。修士論文は、立ち上げから約6年にわたり担当したアサダワタル《千住タウンレーベル》・《声の質問》を題材に執筆した。
現在はアートマネージャーとして音やパフォーマンスを仕掛けるアーティストとともに、暮らしの現場に表現を埋め込む/から表現を引き出す作品づくりに取り組む。

佐藤 真帆 SATO Maho

本学音楽環境創造科卒業、大学院音楽研究科音楽文化学専攻音楽音響創造分野修了。
音響心理学を専攻し、学部在籍時はポケットモンスターの鳴き声から感じられる音の高さについて研究発表を多数行う。また、大学院進学後は複合音の高さの知覚に関して調査し、修士論文を執筆した。

大野 茉莉 OHNO Mari

本学大学院音楽研究科音楽文化学専攻音楽音響創造分野修了。ロンドン大学ゴールドスミス校コンピューテーショナル・アート修士課程(MA)、同音楽学部博士課程(PhD)修了。
自然と人工の境界を研究対象に捉え、サウンドインスタレーションや音響作品など、音を軸とした作品の創作および研究活動を行っている。

加藤 亜実 KATO Ami

本学音楽環境創造科卒業、大学院音楽研究科音楽文化学専攻音楽音響創造分野修了。
学部在籍時より音楽が人間の行動や感情へ与える影響を研究対象とし、大学院では主に飲食店のBGMなどの音環境が飲食店の印象へ与える影響ついての研究を行った。

石橋 鼓太郎 ISHIBASHI Kotaro

本学音楽環境創造科卒業、大学院国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻修士課程・博士後期課程修了。
非専門家が参加する実験音楽や即興音楽を主な対象として、音楽家・参加者・主催者など異なる立場の人々が関わり合いながら音楽が立ち上がってくる過程に関心を持ち、研究やアートマネジメント実践、演奏活動をおこなっている。