東京藝術大学 音楽環境創造科

集中講義講師

沼田 里衣 NUMATA Rii

臨床音楽学

知的障害者を含む人々を対象とした即興音楽ワークショップや公演を行う傍ら、技術や価値観の差異を超えた音楽作りについて研究を行う。2005〜2017年「音遊びの会」代表、2014年より「おとあそび工房」主宰。2013年、音遊びの会のイギリスツアーの様子がNHKのEテレで紹介される。2016年、TEDxKOBEにて「美しい音楽とは?」というタイトルで講演。共著に『障がいのある人の創作活動―実践の現場から』(あいり出版、2016年)、『ソーシャルアート:障害のある人とアートで社会を変える』(学芸出版社、2016年)、『公共文化施設の公共性 運営・連携・哲学』(水曜社、2011年)、論文に「『動いている音楽』―社会的課題と結びついた即興音楽の美的戦略に関する一考察―」(『日本音楽即興学会誌vol.5』)など。博士(学術)。日本音楽療法学会認定音楽療法士。大阪市立大学文学研究科准教授。

岩井 成昭 IWAI Shigeaki

視覚表現演習2

専門は美術(絵画、映像、コミュニティー・アート)。1990年から特定地域の環境や共同体の調査をもとに、映像・音響・テキスト・パフォーマンスなど多数メディアを複合的に使用した視覚表現を国内外で展開/発表。展覧会企画もおこなう。欧州を中心に特定コミュニティーへのレジデンシーと帰属作品も多い。