非常勤講師

吉本 光宏 YOSHIMOTO Mitsuhiro

芸術運営論:基礎概論

1958年徳島県生。早稲田大学大学院修了(都市計画)後、社会工学研究所などを経て1989年から現職。東京オペラシティ、国立新美術館、いわきアリオス等の文化施設開発、東京国際フォーラムのアートワーク計画などのコンサルタントとして活躍する他、文化政策、文化施設の運営・評価、創造都市等の調査研究に取り組む。文化審議会文化政策部会委員、東京芸術文化評議会専門委員、(公社)企業メセナ協議会理事などを歴任。著作に「再考、文化政策(ニッセイ基礎研所報)」「アート戦略都市(監修、鹿島出版会)」など。

安田 結衣子 YASUDA Yuiko

音楽理論演習

京都市立音楽(現京都市立堀川音楽)高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。同大学卒業時にアカンサス音楽賞受賞。 2007年、パリ国立高等音楽院ピアノ伴奏科に審査員の満場一致で入学、2010年、同音楽院を最優秀の成績で卒業。現在、東京藝術大学音楽学部、東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、国立音楽大学非常勤講師。

山中 聡 YAMANAKA Satoshi

芸術運営論:音楽マネジメント

1956年東京都生まれ。早稲田大学商学部卒業後、レコード会社を経て、1987年からCM音楽制作、音楽家マネジメント会社を起業。元 一般社団法人日本音楽制作者連盟副理事長。
日本のポップス、ロックのアーカイブweb『記憶の記録LIBRARY』を運営。

http://kiokunokiroku.jp/

若林 幹夫 WAKABAYASHI Mikio

文化社会学

1962年生まれ。東京大学教養学部相関社会科学分科卒。同大学院社会学研究科博士課程中退。博士号(社会学)。筑波大学教授等を経て、現在、早稲田大学教育・総合科学学術院教授。専門は社会学・都市論・メディア論・時間論・空間論。著作に『未来の社会学』(河出書房新社)、『郊外の社会学――現代を生きる形』(ちくま新書)、『モール化する都市と社会』(NTT出版)、『都市のアレゴリー』(INAX出版)など。

東谷 護 TOUYA Mamoru

ポピュラー音楽研究

1965年生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程修了。博士(人間・環境学)。現在、成城大学文芸学部教授。著書に『マス・メディア時代のポピュラー音楽を読み解く』(勁草書房)『進駐軍クラブから歌謡曲へ』(みすず書房)の他に、ポピュラー音楽研究の論文集の編著書、初年次教育、教養教育に関わる書籍がある。音楽についての持論は「教養教育にみる「音楽」のあり方を考える」(山本敦久編『身体と教養』ナカニシヤ出版、に所収)に、その一部を著している。

鳥海 希世子 TORIUMI Kiyoko

メディア・リテラシー

東京大学大学院情報学環・特任助教
慶応義塾大学卒。在学中に地域住民によるインターネット放送局、湘南市民テレビ局(2003〜2015年)を開設。市民メディア、コミュニティ・メディアの活動プロセスに関する研究を歴史思想的、実践的に行っている。東京大学大学院学際情報学府博士号取得。同大学院情報学環特任研究員、英国王立芸術大学院・ヘレンハムリンセンターフォーデザイン・リサーチインターン、ロンドン大学ゴールドスミス校客員研究員などを経て、2017年より現職。

戸田 信子 TODA Nobuko

サウンドデザインとオーディオディレクション オーディオディレクション演習
音楽音響創造特殊研究:サウンドデザインとオーディオディレクシ

滝口 健 TAKIGUCHI Ken

芸術環境創造特殊研究:芸術運営Ⅰ

シンガポール国立大学よりPhD取得。2016年まで同大学英語英文学科演劇学専攻リサーチフェロー。ドラマトゥルク、翻訳者として日本と東南アジアの共同制作演劇作品にも多数参加。オンライン・デジタルアーカイブ『アジアン・シェイクスピア・インターカルチュラル・アーカイブ(A|S|I|A, a-s- i-a-web.org)』副代表、翻訳エディタ−。アジアン・ドラマトゥルク・ネットワーク創設メンバー。2002年、キャメロニアン・アーツアワード(マレーシア)特別賞受賞。
共著書にCurating Performing/Live Arts: Narratives, Manifestos, Histories (Oxford and New York:Berghahn, 2017 forthcoming)、論文に“Translating Erased History: Examining Inter-Asian Translation of the National Changgeuk Company of Korea’s Romeo and Juliet,” Journal of World Languages 3:1 (2016)など。

鈴木 久晴 SUZUKI Hisaharu

音楽音響創造特殊研究:音響信号処理論
音響信号処理論

杉本 岳大 SUGIMOTO Takehiro

音楽音響創造特殊研究:高臨場感音響設計
高臨場感音響設計概論

2001年東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。同年NHK入局。放送技術研究所にて、音響トランスデューサ、音声符号化方式、3次元音響システムの研究開発に従事。MPEG、ARIBにて、22.2マルチチャンネル音響放送に係る標準化活動を推進。第45回市村学術賞貢献賞、第16・21・24回日本音響学会技術開発賞、第28回関東地方発明表彰発明奨励賞、2015年度映像情報メディア未来賞フロンティア賞、第35回放送文化基金賞、各賞受賞。明治大学大学院理工学研究科兼任講師。日本音響学会、AES、映像情報メディア学会各会員。博士(工学)(東京工業大学)。

染谷 和孝 SOMEYA Kazutaka

サウンドデザインとオーディオディレクション オーディオディレクション演習
音楽音響創造特殊研究:サウンドデザインとオーディオディレクション

 1963年東京生まれ。東京工学院専門学校卒業後、(株)ビクター青山スタジオ、(株)IMAGICA、(株)イメージスタジオ109、ソニーPCL株式会社を経て、2007年(株)ダイマジックのスタジオ設立に参加。2014年より有限会社ビー・ブルーに所属を移し、3Dオーディオ対応のスタジオを構築。現在、サウンドデザイナー/リレコーディングミキサーとして、Dolby Atmosを中心とした3D音響制作を行なう。
 2006年よりAES(オーディオ・エンジニアリング・ソサエティー)「Audio for Games部門」のバイスチェアーを務める。また、2016年9月よりAES日本支部 技術理事を担当。

白山智丈 SHIRAYAMA Tomotake

音楽理論演習B

 6歳よりピアノをはじめる。慶應義塾大学卒業後、㈱第一勧業銀行(現みずほ銀行)に勤めるが後に退社し音楽家を志す。洗足学園音楽大学卒業、桐朋学園大学研究生修了(作曲専攻)。これまでに作曲を西岡龍彦氏、楽曲分析を石島正博氏、ソルフェージュを高橋裕、篠原真の各氏に師事。2008年に「第13回 東京国際室内楽作曲コンクール」ファイナリスト《木管五重奏のための音楽》。「2009 アジア国際音楽コンクール」第3位、入賞の《幻想曲》(ピアノ)はパリ国立高等音楽院教授、ブルーノ・リグット氏より好評を受け東京、神奈川、西安(中国)で再演されている。2011年から東京成徳短期大学非常勤講師をつとめる傍ら、東京芸術大学大学院において映像と音楽、音響について研究。2012年「第8回 公共広告CM学生賞」、2014年3月修士課程修了。(一社)日本作曲家協議会、国際芸術連盟会員。このほかコンクール審査員、海外演奏会紀行文執筆、芸大2014年度オペラ公演制作マネジメント人材育成事業研修スタッフなど、音楽に関連した活動を多角的におこなっている。

桜井 圭介 SAKURAI Keisuke

ポップ論

音楽家・ダンス批評。
ソロ・アルバム『IS IT JAPAN?』『HINEMI』など。遊園地再生事業団、地点、ミクニ・ヤナイハラなど演劇・ダンスとの協働も多い。
著書『西麻布ダンス教室』『ダンシング・オールナイト!!』。
「吾妻橋ダンスクロッシング」主宰、スペース「SCOOL」共同代表。
twitterアカウント: sakuraikeisuke

坂崎 紀 SAKAZAKI Osamu

音楽文化史
音楽音響創造特殊研究:音楽情報論

音楽学(西洋音楽史、音楽理論)。
聖徳大学音楽学部教授。
東京芸術大学音楽学部楽理科卒、同大学院音楽研究科修了。音楽学(西洋音楽史)専攻。音楽学を服部幸三氏、角倉一朗氏に、音楽音響学を白砂昭一氏に、オルガンを秋元道雄氏に、ピアノを金澤桂子氏に、チェンバロを山田貢氏に師事。
東京芸術大学非常勤助手、同非常勤講師、尚美高等音楽学院非常勤講師、明治大学兼任講師、聖徳大学短期大学部音楽科専任講師、同助教授、聖徳大学人文学部音楽文化学科助教授、同教授を経て、現職。
日本音楽学会会員、情報処理学会会員、日本オルガン研究会会員。
常に疑問を持つことを忘れずに、音楽研究に取り組んでいます。

http://www.mvsica.sakura.ne.jp/

大出 訓史 OODE Satoshi

音楽音響創造特殊研究(11)
高臨場感音響設計概論Ⅱ

恩地 元子 ONCHI Motoko

芸術論

東京藝術大学大学院修士課程修了、パリ第8大学博士課程D.E.A.取得、東京大学大学院博士課程単位取得満期退学。偕成会助成金を得てケルンで現代芸術の研究。日本学術振興会特別研究員、パリ第8大学客員研究員などを経て、現在、実践女子大学文学部美学美術史学科、文化学園大学造形学部、立教大学現代心理学部映像身体学科非常勤講師。柴田南雄音楽評論賞奨励賞など受賞。表象文化論専攻。

岡本 健太郎 OKAMOTO Kentaro

芸術運営論:著作権と文化・メディア契約

弁護士・ニューヨーク州弁護士・証券アナリスト(CMA)
ロイター通信社(日本・英国)を経て弁護士に。現在は骨董通り法律事務所に所属し、主にメディア、アート、エンターテインメント法務に従事。

慶應義塾大学経済学部卒、一橋大学法科大学院修了
米国ペンシルバニア大学修士課程修了(Distinction)、Wharton Business and Law Certificate取得

西巻 正史 NISHIMAKI Masashi

芸術運営論:音楽マネジメント

トッパンホール企画制作部長。上智大学卒業。シンクタンクで各地のホール設立にコンサルティングをおこなったのち、1997年より水戸芸術館コンサートホールATMに勤務。昭和音楽芸術学院、東京純心女子大学等でアートマネジメントを教える。

中原 雅考 NAKAHARA Masataka

空間音響研究
音楽音響創造特殊研究:空間音響研究

1995年,九州芸術工科大学博士前期課程修了。同年,株式会社ソナ入社。音楽スタジオ,ポストプロダクションスタジオ,試聴室,音響実験施設などの音響設計業務に従事。現在,同社専務取締役。2005年,九州芸術工科大学博士後期課程修了。博士(芸術工学)。2006年,オンフューチャー株式会社設立。音響機器やソフトウェアの開発,音響技術の研究開発業務に従事。現在,同社代表取締役。2013年,AES Japan Award受賞。AES Governor,日本支部理事。日本音響学会建築音響研究会委員。音響芸術専門学校理事,非常勤講師。HAL東京教育課程編成委員。著書に,「サラウンド入門」東京藝大出版会(共著),「サウンドレコーディング技術概論」日本音楽スタジオ協会(共著)他。

中川 善裕 NAKAGAWA Yoshihiro

映像音楽制作演習

作曲家。本学大学院音楽研究科修士課程(作曲専攻)修了。長谷川良夫賞、第58回日本音楽コンクール作曲部門入選。第25回日本交響楽振興財団奨励賞。現在、埼玉工業大学人間社会学部情報社会学科メディア文化専攻教授。

森重 行敏 MORISHIGE Yukitoshi

日本音楽概論

1955年東京生まれ。東京芸術大学音楽学部楽理科卒業。
1985年開場時の国立総合児童センター(こどもの城)音楽事業部にてガムラン、邦楽、合唱等の講座コーディネーター。
Pan School of Musicにてイヤートレーニング主任講師などを務める。
現在、洗足学園音楽大学現代邦楽研究所所長。洗足学園音楽大学客員教授。
桐朋学園芸術短期大学、尚美学園大学講師、九州大学芸術工学部非常勤講師。
2014~15年国立劇場公演専門委員(邦楽)。NPO法人日本ガムラン音楽振興会理事。
著書は楽典ワークブック(共著)(全音楽譜)、合唱組曲白鳥の湖(編曲)(水星社)、ビジュアル版和楽器事典(汐文社)など。

森 威功 MORI Takeyoshi

音楽音響創造特殊研究:電子音響音楽制作演習

ニューヨーク大学大学院教育学部ミュージック・テクノロジーコース修士課程修了。
Fixed Media, live-electronics, Visual Music等、様々なタイプの電子音響音楽を作曲し作品は国内外で演奏されている。近年は所属学会が主催するコンサート「Sonic Arts Project シリーズ」や「台湾ソニック・アーツ・フェスティバル2015」のプロデュース、そして東アジア地域における大学間交流コンサート、講習会の開催など海外での教育活動にも力を入れている。2016年より国際コンピュータ音楽連盟(ICMA)アジア・オセアニア地区のディレクター(理事)に就任。現在、洗足学園音楽大学音楽音響デザインコース専任講師、玉川大学芸術学部非常勤講師、日本電子音楽協会理事、アジアコンピュータ音楽プロジェクト、先端芸術音楽創作学会運営委員。

水越 伸 MIZUKOSHI Shin

メディア・リテラシー

東京大学大学院情報学環・教授。
1963年生まれ。筑波大学卒業。在学中よりインダストリアル・デザインに従事。東京大学大学院博士課程中退。実践的で批判的なメディア研究に取り組み、さまざまなプロジェクトを展開中。主著に『メディア・ビオトープ:メディアの生態系をデザインする』(紀伊國屋書店)、『21世紀メディア論』(放送大学教育振興会)など。

http://www.mediabiotope.com

小林 弘人 KOBAYASHI Hiroto

音楽基礎演習・初級
音楽基礎演習・中級

専門は作曲。本学音楽学部作曲科を経て2000年同大学院修了。作曲を佐藤眞、林光の両氏に師事。在学中より管弦楽、舞台音楽などの委嘱作曲・編 曲を手がける。東京国際室内楽作曲コンクール等に入賞。また自作を含むソロ、室内楽をはじめ、近年ではサイレント映画のピアノ奏者として東京国際 映画祭などに出演、サポート・ピアニストとしてFUJI ROCK FESTIVALに出演するなどジャンルにとらわれない活動を続けている。作曲家グループ“New Sound Space ’96~”メンバー。東京音楽大学、洗足学園音楽大学各非常勤講師。日本声楽家協会教育センター講師。

北澤 尚登 KITAZAWA Hisato

芸術運営論:著作権と文化・メディア契約

弁護士(骨董通り法律事務所)、ニューヨーク州弁護士。東京大学法学部、デューク大学ロースクール(LL.M.)卒業。
主な専門分野は、知的財産権法・エンタテインメント法。
演劇/映像/音楽/出版など、芸術文化分野の法実務を幅広く扱っている。

角谷 剛 SUMIYA Tsuyoshi

DTP出版編集演習

1975年生まれ。フリーランスのDTPデザイナー。法政大学文学部卒業。NHK出版、平凡社、山川出版社、洋泉社などの書籍製作に携わる。日本エディタースクール講師。
講義では出版物の制作を通じて、自己と他者両方の視点から、「伝わるかたち」について粘り強く模索してほしいと考えています。

君塚 雅憲 KIMIZUKA Masanori

音響技術史

1973年大阪大学工学部卒業。ソニーの音響部門において、テープデッキの機構開発・商品設計、
オーディオ商品企画などを担当。従来のアナログ音響技術からデジタルオーディオへ転換する
時期、民生用DATの開発プロジェクトに参画し、フォーマット確立や製品設計など商品化開発
全般、及びデジタル著作権管理(DRM)問題に絡むデジタル伝送の規格化等を経験。
またCD ROM、CD−RなどPC関連のデータ記録用光ディスクドライブと、基幹部品のビジネス、
光ディスクメディアの普及活動などを推進。
日本オーディオ協会理事、国立科学博物館 産業技術史資料情報センター主任調査員

木方 幹人 KIHO Mikihito

芸術史

1957年生れ。関西大学大学院修士課程修了。元名古屋市美術館学芸員(現代アート企画)。フリーとなり美学及芸術基礎論・アートアクティヴィズム研究。授業では、学生さんたち各個人が「芸術」を通していかにリアルに世界とかかわるのか、そのための基本的な考え方の枠組みを講じていきたいと思います。

香取 良彦 KATORI Yoshihiko

ジャズ・ポピュラー音楽理論
ジャズ・ポピュラー音楽演習
音楽音響創造特殊研究:楽器学

鍵盤打楽器/鍵盤奏者、作編曲家。早稲田大学/Berklee College of Music 卒業。代表作は「Riverside Music Garden/香取良彦 Jazz Orchestra」。

http://riversidemusic.org/

岩井 成昭 IWAI Shigeaki

視覚表現演習1
視覚表現演習2

専門は美術(絵画、映像、コミュニティー・アート)。1990年から特定地域の環境や共同体の調査をもとに、映像・音響・テキスト・パフォーマンスなど多数メディアを複合的に使用した視覚表現を国内外で展開/発表。展覧会企画もおこなう。欧州を中心に特定コミュニティーへのレジデンシーと帰属作品も多い。

http://iwaishigeaki.com/

日高 良祐 HIDAKA Ryosuke

ポピュラー音楽研究

東京藝術大学大学院博士後期課程修了。博士(学術)。現在、首都大学東京システムデザイン学部インダストリアルアートコース助教。専門はメディア文化研究、ポピュラー音楽研究。デジタルメディア技術の受容過程とそれにあわせて生じつつある文化変容に関心を持ち、主にインターネットを介した音楽流通を対象とした調査を行なっている。

福井 健策 FUKUI Kensaku

芸術運営論:著作権と文化・メディア契約

弁護士・ニューヨーク州弁護士。日本大学芸術学部 客員教授。
1991年 東京大学法学部卒。1993年 弁護士登録(第二東京弁護士会)。
米国コロンビア大学法学修士課程修了(セゾン文化財団スカラシップ)、シンガポール国立大学リサーチスカラーなど経て、現在、骨董通り法律事務所 代表パートナー。
著書に「著作権の世紀」「誰が『知』を独占するのか」(集英社新書)、「エンタテインメントと著作権」全5巻(シリーズ編者、CRIC)、「『ネットの自由』vs.著作権」(光文社新書)、
「18歳の著作権入門」(ちくまプリマ―新書)ほか。
国会図書館審議会会長代理、「本の未来基金」運営委員、「さいとう・たかを劇画文化財団」理事、think C世話人などを務める。
http://www.kottolaw.com Twitter: @fukuikensaku