トピックス

衣装制作スタッフ&踊り手モデル大募集 / 説明会開催【終了】

あなたのアイデアがアーティストとコラボレーションします!
服飾・ダンスの経験不問!

「アートアクセスあだち 音まち千住の縁」の一環として来る10月11日(日)に開催される「大巻伸嗣 Memorial Rebirth 千住 2015 足立市場」。そこで展開する「しゃボンおどり」の衣装を制作するボランティアスタッフ、そしてその衣装を身に着け踊る、踊り手モデルを募集します。 続きを読む »

文部科学省国立大学機能強化事業「国際共同プロジェクト」 東京藝術大学×エコール・デ・ボザール 「私と自然」 “NATURE AND ME”【終了】

東京藝術大学は文部科学省国立大学機能強化事業「国際共同プロジェクト」に採択され、本年度よりパリ国立高等美術学校(エコール・デ・ボザール)との国際連携を進め「グローバルアート共同カリキュラム」という共同授業を実施しています。両校の学生がフランス・パリと日本を行き来し、「私と自然」というテーマに沿って、リサーチ、フィールドワーク、ワークショップ、ディスカッション等の共同授業を行ってまいりました。
続きを読む »

音楽環境創造科学科説明会及び千住キャンパス施設案内
7月25日(土)【終了】

続きを読む »

大学院 音楽研究科 音楽文化学専攻 説明会について【終了】

続きを読む »

「イミグレーション・ミュージアム・東京」参加者募集 / 説明会開催【終了】

“外国人たちには日本のまちや風景がどのように見えているだろうか?”
“外国人が日本で最も慣れないことってなに?”
そんな風に思ったことはありませんか。イミグレーション・ミュージアム・東京(略称「IMM」)は、地域に居住する外国人と交流し、彼らの日本での生活に根ざした異文化を現代アートの手法を用いて作品化、発信していくことを試みるプロジェクトです。
続きを読む »

東京-ロンドンプロジェクト研究会
都市の中のアート:芸術とオリンピック、そして都市イベント【終了】

English follows:

第4回目の東京-ロンドンプロジェクトの研究会を開催します。東京-ロンドンプロジェクトは、東京都とロンドンという二つのオリンピック都市に焦点をあて、アートや文化と都市がどのように関わっているのかを批判的に検証しようというものです。第4回目の今回は、ロンドン大学ゴールドミスカレッジ社会学部教授、キャロライン・ノウルズ氏をゲストに迎え、都市とアートの関係についてお話をしていただきます。 続きを読む »

公開シンポジウム「グローバル時代の芸術大学の未来」【終了】

グローバル化の時代、芸術大学はどのように変化するのだろうか? 
デミアン・ハーストやスティーヴ・マックイーンをはじめイギリスを代表するアーティストを輩出し、メディア文化研究や社会学で国際的に高い評価を受けているロンドン大学ゴールドスミスカレッジのパトリック・ロックリー学長を迎えて、芸術大学の未来について徹底的に議論する。 続きを読む »

音楽ファイルの90年代 ─MOD/Trackerの今日的意義を考える【終了】

パソコンやネットワークが広く普及し始め、音楽制作や聴取に関するデジタル化が進められていった90年代。パソコンと音楽とをつなぐ技術、すなわち音楽ファイルの姿には、技術開発の方向性やその使われ方の点で多様な可能性が開かれていた。本シンポジウムで題材として扱うMOD、そしてMODシーケンサーソフトの総称であるTrackerも、そうした可能性の一つとして数えることができるだろう。 続きを読む »

文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」事業
研究会「都市空間と<社会に関与する芸術>」【終了】

9 Urban Biotopes in Johannesburg. Photo © Anthony Schrag

近年キーワードとして注目されている「社会に関与する芸術(Socially Engaged Art)」の実践は、現実の都市にどのように介入しているのでしょうか。その実践をどのように文脈化し、評価すればいいのでしょうか。 続きを読む »

文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」
Research project and Workshop series「Alternative in Asia」報告会【終了】

What is the “Alternative Culture” in the Asia ?
ACRL(Asian Caravan Research Labo)とは、東京芸術大学毛利嘉孝研究室を中心とする「アジアにおけるオルタナティブカルチャー」を考察するためのリサーチ・プロジェクトです。今日、アジア諸国ではアートやポピュラー音楽をはじめとする文化を通じた交流が活発になされています。しかし一方で、そうしたグローバルな文化とは異なるオルタナティブ・カルチャー(もうひとつの文化)が各地で誕生し、独自の広がりと発展をみせています。アジアにおける「オルタナティブ」とはなにか、そしてそのつながりや差異とはいかなるものなのでしょうか。 続きを読む »